正しく対処すれば後縦靱帯骨化症は治せる|専門の病院で適切な治療を

病棟

転移からきています

看護師

癌性胸膜炎は転移によって起こりますし、胸の痛みなども出てきます。そのために余命などを考えることもありますが、人によってそれぞれなので自分の毎日を考えて、精神的なゆとりのある暮らしをしていくことが大切になります。

View Detail

自律神経不調の要因と症状

看護師

自律神経失調症については、医療機関で検査しても要因が不確かな慢性的な微熱であったり頭痛それから、めまいなどの特有の症状が現れます。とりわけ原因がわからないのにいくつもの症状が出現しますので、医療機関で診察してもらうことが重要です。

View Detail

がん専門の医院

笑顔の女性

横浜クリニックは免疫細胞療法に重点を置くがん専門の医院で、特に最先端と言われる高活性化NK細胞療法に力を入れています。免疫細胞療法は標準療法などと組み合わるとより効果を上げる可能性があり、このクリニックではいろいろと組み合わせた治療法を受けることができます。

View Detail

正しく理解して正しく対処

男性

後縦靱帯骨化症とは、背中の中を縦に走っている後縦靭帯が骨化してしまった事によって脊髄の入っている脊柱管が狭くなってしまう症状の事を言います。脊柱管が狭くなると脊髄やそこから分岐する神経根が圧迫されてしまい、その結果として感覚障害や運動障害などを起こしてしまう可能性が出てきます。後縦靱帯骨化症は骨化してしまう脊椎の部位によっても名称が変わる為、その名称によってどこの部位に症状が起きているのかと言う事が分かる様になります。ただ実際に後縦靭帯が骨化してしまったとしても症状が出る人はそのうちの一部の人に留まっており、検査の結果でもし骨化していると判明した時も、全員にその症状が出るという訳ではありません。

後縦靱帯骨化症とは言っても、脊柱管が狭くなっていてもまだ症状があまり出ていない場合は手術などをしなくても日常生活を送る事が出来る場合もあります。しかし転倒してしまったり、無理に首を反ってしまったりして骨化しかけている部位に衝撃を与えてしまうと、その症状が進行してしまう可能性があります。出来るだけ症状を進行させないようにする為には、無理な姿勢をしたり怪我をしないように日常的に注意する事になります。また糖尿病や肥満等も後縦靱帯骨化症には関係している病気となっているので、それらの病気・症状がある場合はその症状を改善する努力もします。そうする事によって血流も改善される事に繋がる為、後縦靱帯骨化症が悪化してしまう事の予防に繋がります。